治るとは???

ここ何回かに渡って私のギックリ腰について書いてきましたが、ようやく私の腰の痛みが消えました。

 

痛みが消えるまで1週間、ほぼ予定通りです。 

 

しかし、私は痛みが消えたとは言っていますが治ったとは言っていません。

 

ギックリ腰の原因が残っていることがわかっているからです。

 

その原因を改善しようとしていた矢先にギックリ腰になったのですが。

 

治るということはこの原因が改善した時に使えるのであって、痛みが消えた時ではないのです。

 

脳に異常がない場合ですが、よく、薬を飲んで頭痛が治ったと聞きます、そう言っていいのでしょうか?

 

そのような方はまたすぐに頭痛になられます。

 

私はそれでは頭痛は治ったことにはならないと思います。

 

私も頭痛持ちでした。以前は1ヶ月から2ヶ月に一度頭痛になっていました。

 

痛み止めを飲んでも頭痛は消えず、頭痛になると寝ることでしか消えませんでした。

 

寝ると頭痛は2日ほどで消えるのですが、また何かのきっかけで再発するので非常に厄介でした。

 

 

私の場合は体調が悪くなると症状が頭に出やすいのです。

 

頻繁に頭痛が起こるということは体の不調が何処かに残っているということです。

 

不調がなくなれば頭痛も起こりにくくなります。

 

ようやくのその原因を見つけて、その施術をしてからは頭痛の頻度が減りました。

 

今では4ヶ月に一度あるかないかになりました。

 

 

これが半年に一度ぐらいになれば頭痛は治ったといってもいいかもしれません。

 

同じことが腰痛にも言えます。

 

治るということは痛みが消えるということではないのです。

 

痛みが消えてから本当の体の改善が必要となります。