寒いと冷たい?

寒さの厳しい日が続いています。

 

テレビの天気予報のインタビューで「寒いです。」と答える方、「冷たいですね。」と答える方がおられます。

 

この違いはなんでしょう?

 

意味がない場合もあるとは思いますが、答える方のその状態を見ると何かしらの意味があると感じます。

 

「寒い」と表現する人は少し丸まって震えながら言い、「冷たい」と表現する人は淡々と言っているような気がします。

 

「寒い」は主観的、「冷たい」は客観的な感じがします。

 

「寒い」と表現した人は体を温める機能が低下している可能性があります。

 

いつもは「冷たい」と感じる方が「寒気」ではなく「寒い」と感じた時は体調が悪くなって、肝臓の働きが低下している可能性があります。

 

そんな時は飲酒や食べ物を少し控えて、心落ち着かせて休養を取るようにしましょう。

 

この時期飲んだり食べたりが多くなる時期です。

 

内臓に負担をかけると風邪をひいたり、体調を崩しやすくなります。

 

体の感覚のサインを見逃さないようにして、快適な年末年始をお過ごしください。