骨格を矯正する

骨格が歪むとバランスが悪くなり、見栄えも悪くなるようになります。

 

これを解消するために骨格を矯正するのです。

 

①体は二本足で立てるように骨格がバランスをとっているため、崩れると不安定になる。

 

②不安定になるとバランスを取るために骨格が一層崩れることになる。

 

③各関節が正常な動きができなくなり、筋肉の異常緊張が現れる。 

 

④関節に障害が出るようになる。

 

悪い症状は大体①→②→③→④の順序を辿ります。

 

それを④→③→②→①と遡って改善させるために骨格を矯正しようとするのです。

 

骨格が歪む理由は置いておいて、これがカイロや骨から考える整体の基本なのです。

 

これも馴染みやすいですね。