筋肉を緩める

体に痛い場所や辛い場所があればその場所やその周りの筋肉を緩めようとします。

 

程度が軽い場合はリラクゼーションなどの軽いマッサージやストレッチなどでかなり改善します。

 

しかし、硬くなっている筋肉がご自分の子供と考えてください。

 

子供がいうことを聞かなかったり、悪いことをしたら叱りますね?

 

でも、子供はきちんということを聞くでしょうか?

 

親が目の前からいなくなると自分のやりたいようにしますよね?

 

納得できるよう誘うことが必要なのです。

 

硬くなってる筋肉も同じです。

 

マッサージやストレッチのような外からの刺激は子供を叱るのと同じで、その時はある程度緩みます。

 

しかし、時間が経つとまた筋肉は硬くなるのです。

 

硬くなりたい理由があるからです。

 

硬くなろうとしている筋肉を使って運動したらどうなりますか?

 

当然怪我をしやすくなります。

 

健康のため運動をしても、怪我をしたら何の意味もありません。

 

筋肉を緩めるためには筋肉が自分から緩むように誘う必要があるのです。

 

その誘う方法は硬くなる原因によって違います。

 

それを2週間から1ヶ月に1回のペースで回数を重ねて、ゆっくりと筋肉を誘っていくとその筋肉は硬くなりにくくなります。

 

私のサロンではそうやってゆっくりと筋肉を緩めていきます。