睡眠

視床下部のためには良い睡眠が必要と書きましたがどのような睡眠が良いのでしょうか?

 

睡眠時間のや睡眠負債ということがよく言われますが、簡単に私は次のように考えます。

 

1 寝つきが良いか

2 夜中に目が覚めないか(夜中に目が覚めても、朝目覚めが良いか)

3 朝目覚めが良いか

4 特に午前中に眠たくならないか

 

こんな感じです。一つでも当てはまれば睡眠を少しだけ見直した方が良いかもしれません。

 

睡眠は生活習慣と密接に関係しています。いつものペースで何も考えなければ眠れるのに、ペースがずれて寝ることを意識すると眠れなくなることがあります。大事な用事で次の日早く起きなければならない時、早く寝ようとすればするほど眠れなくなりませんか?

 

休みの日にいつもより多く寝てしまうという方は日々の睡眠時間があなたにとって足りていないということです。

 

自分がよく眠れていないと思ったら改善してみることをお勧めします。そして睡眠を改善するためには、あなたの日生活習慣を変える必要があるのです。

 

人それぞれ環境が違うので睡眠時間や就寝時間は問いません。型にはめてしまうと、睡眠に気持ちが行き過ぎてしまい、睡眠をとることが目標になってしまうからです。目標は睡眠とることではなく、健康でもなく、健康的にあなたが充実した人生を送ることです。ただ、よく眠れたという睡眠感が自然と得られることが大切です。

 

これができる間に習慣を変えてみましょう。