いよいよ梅雨 3

自分自身の努力も大切ですが、昔と違って今はより一層高温多湿になり、毎日が目まぐるしく、あっという間に時間が過ぎ体も気持ちも余裕がない時代です。

 

視床下部の負担を減らして疲労を少なくするためにはエアコンの活用は重要な問題です。

 

エアコンが悪役のように言われますが、都会では脳のためには絶対に必要なものです。

 

設定温度次第ですが、冷え性でエアコンが寒すぎるといった場合も視床下部の機能が低下しているかもしれません。

 

これからの季節は、旬の食べ物、エアコン、そして睡眠をしっかりとることが大切です。