いよいよ梅雨

いよいよ関西地方も本格的に梅雨になりました。

 

これからの季節、一番の問題は気温と共に湿度が高くなることです。

 

人間は体温(深部)を37℃に調節すると書きましたが、これからの季節、体温を下げことがより重要になります。

 

人間はクーラーを内蔵してないので、体温を下げる方法は限られています。

 

1 体の表面から放熱する

 

2 排尿によって体温を下げる

 

ヨガの呼吸法もありますが、常時行うものではないのでここでは触れません。

 

一番重要なのが体の表面から放熱することです。

 

1 末梢血管が広がることによって、皮膚や筋肉に流れる血液が増えることで放熱する

 

2 毛穴を広げるほとによって放熱する

 

3 汗をかいて気化熱で放熱する

 

これからの季節、気温が体温より高くなることがあるため3の汗による放熱が大切になります。

 

しかし、梅雨から夏にかけて日本は湿度が高くなります。そうなると汗が皮膚表面から蒸発しにくくなり、気化熱による放熱の効率が悪くなります。

 

視床下部は泥の田んぼの中を全力で走るかのようになるのです。

 

大変ですよね?